Better Days!

面白い本や映画・美味しいもの・週末は競馬予想も。

のぼうの城~

 

こんにちは。くろくまです。

今日は書評を。

 

のぼうの城 和田竜~

のぼうの城

のぼうの城

 

  

 嵐の大野君主演で、和田竜先生の『忍びの国』を映画でやってますね。

今日はそっちではなく、デビュー作の『のぼうの城』を紹介します。

 

あらすじ~

時は秀吉天下統一の時代、関東小田原城の北条方を攻め落とさんとする豊臣方に対し、

城主北条氏政は各支城に籠城にて抵抗するよう、通達しました。

 

話の舞台は現在の埼玉県に位置する忍城(おしじょう)。

領主成田家の一門長親(ながちか)は、領民からも

「でくのぼう」→「のぼう様」と揶揄されるような、どこか武士らしからぬ、

間の抜けた男でした。

 

一方、豊臣方から忍城討伐に遣わされたのは、かの有名な石田三成

武勲に乏しい三成は、この戦に華々しい勝利を収めることで、主君秀吉はもちろん、

自分を認めない周囲に対しても、武功を認めさせたいと躍起になっています。

 

忍城方では、領主氏長が北条加勢のため小田原に向かうものの、

密かに豊臣に降伏するよう、配下に指示していました。

しかし、その命を受けて城に残った成田泰季(やすいえ)は病に倒れてしまい、

その息子「のぼう様」長親に全権が渡ることになります。

 

攻め寄せる石田三成方からは戦に先立ち、無駄な抵抗はやめ、

全面的に降伏するよう使者が参ります。

 

ところが武勲を求める三成は、

誰もが降伏に出ると思っていた忍城に、わざとひと悶着起こさせるような使いを送り、

戦にもっていくように仕向けるのです。

長親もこれを受け、降伏するよう命じられていたにもかかわらず、

 

「戦いまする」

f:id:better_days:20170712223329p:plain

と周囲の反対を押し切って勝手に答えてしまいます。

 

圧倒的な勢力石田三成に対し、「のぼう様」長親には

・地の利

・武力・統率力・知力に長けた、3人の配下

という武器はありました。

ただ、実は長親の一番の武器は『異常なほど人から好かれる才能』だったのです。

 

戦になったら困るのは領民たち。

なんで負けるとわかってて戦うんだ!と武士たちに詰め寄るも、

「長親がそう言っちゃったんだから・・・」との説明に、

 

「のぼう様が言ったんじゃ~しょうがねえな~。(笑) 助けてやんべえ。」

 

と態度急変。( ´艸`)

長親のもと、武将だけでなく領民や子供たちまでまさに一致団結。

戦の行方やいかに・・・。

 

 

 

いやー、『のぼうの城』最高です。実に面白いです!

歴史小説ってあまり読まないんですけど、これは評判も良かったので読みました。

結果、正解でした。

 

すごーく大雑把にくくると、『ジャイアントキリング』的な話です。

なので、スポーツ系が好きな人なんかは、きっとハマると思います。

 

この作品は映画化もされたので、観た人もきっと多いですよね。

のぼうの城 通常版 [DVD]

のぼうの城 通常版 [DVD]

 

公開の前に東日本大震災が起きてしまいました。

実は映画の中で水攻めのシーンがあるんですけど、それが理由で

公開延期になりました。津波を連想させてしまいますからね。

当時映画化をとても楽しみにしていたので、しょうがないとは思いましたが、

待ちに待ちわびて、劇場に観に行った思い出があります。

 

小説や漫画を読むと、実写化するときのキャスティングって考えちゃいませんか?

僕はこの本を読んだときに、「のぼう様」は ピエール瀧 だな~って

ずっと思ってました。俳優としてもいろんな役を演じてらっしゃいますが、

間が抜けてるけど人から好かれる武将、なんてぴったりだと思うんですけど。

 

実際は野村萬斎さんでしたね。この方も納得です。

映画の見せ場の一つに、水攻め後の大沼の上で、船上で舞うシーンがあるのですが、

 滑稽な舞の中で狂気にも似た恐ろしさを醸し出すところ、圧巻です。

たぶん野村萬斎さん以外にはできない、「のぼう様」だったと思います。

 

映画と原作、だいたい映画でがっかりしちゃうことが多いように思いますが、

のぼうの城」は、どちらも満足できました。

なので、未読・未視聴の方にはおススメいたしますよ。( ´艸`)

ぜひ感想などくださいね。

 

くろくまでした。