Better Days!

面白い本や映画・美味しいもの・週末は競馬予想も。

手紙~ ラストは玉山鉄二の涙にもらい泣き必至!

 

こんにちは。くろくまです。

 

少しずつですがスターや読者登録も増えつつあり、日々感謝です。('ω')

読みやすくて楽しい記事を書けるように、頑張ろうと思います。

 

昨日の記事は『鴨川ホルモー』でしたが、

今日ももう一本、山田孝之さん主演のものをご紹介します。

 

~ 手紙  (2006年)

 

手紙 [Blu-ray]

手紙 [Blu-ray]

 
手紙 (文春文庫)

手紙 (文春文庫)

 

 

原作は東野圭吾さんです。

 ファンの多い作家さんですよね。

 

あらすじ~

主人公の直貴(山田孝之)には、自分の学費を捻出するために強盗殺人を

犯してしまった兄(玉山鉄二)がいました。弟思いの兄は働きづめで腰をひどく

痛めてしまい、やむにやまれぬ空き巣のつもりが、過って人を殺めてしまったのです。

直貴の進学はもちろんダメになり、今は工場で働く毎日を送っています。

 

直貴は働きながら親友の祐輔(尾上寛之)とお笑いのコンビを結成し、

プロを目指すようになります。

しかし、彼はどこに行っても『犯罪者の弟』という引け目を感じていました。

 

自分のために罪を犯した兄を思い、当初は刑務所に手紙を書き送っていました。

しかし仕事も夢も、そして思いを寄せる女性(吹石一恵)とも、兄の犯した罪のせいで

上手くいかなくなってしまいます。

いつしか直貴は兄を恨むようになっていました。

 

兄にとっては刑務所での唯一の心の支えが、直貴からの手紙でした。

たった一行でもいい、手紙をくれないか、とすがるような手紙を直貴に送ります。

 

 

夢も恋人もなくした直貴を癒したのは、かつて勤めていた工場時代から彼を密かに

想い続ける由美子(沢尻エリカ)でした。

そんな彼女の支えによって、直貴は新しい道を歩んでいきますが、

そこでも付きまとう『犯罪者の弟』というハンデキャップに耐えきれず、

とうとう兄に絶縁の手紙を送ってしまいます・・・。

 

 

玉山鉄二の熱演~

あらすじはネタバレにならない程度にとどめます。

この前後にもいろいろな出来事が起こりますし、その先には感動のエンディングが

待っています。ハッピーエンドではないかもしれませんが、心温まる良いシーンです。

 

昨日の記事で、僕は山田孝之さんが一番の俳優さんだと思う、と書きました。

この映画では、玉山鉄二さんがそれに負けない存在感を放っています。

いや、今作に限っていえば、玉山さんが主役を食っているかもしれません。

 

両親を亡くし、弟を思うあまり、犯罪に手を染めてしまった兄を演じています。

服役し頭を丸め、いろいろな感情を抑え込んだような表情、それでいて弟に対して

かわらぬ慈愛を注ぐ様子、素晴らしい演技だと思いました。

 

そしてこの映画のラストシーンは、玉山さんの『泣き』がすべてだと思います。

もらい泣き必至です!( ;∀;)

 

 

山田孝之さんは、やっぱりうまいですね。

『犯罪者の弟』という心情を常に漂わせる感じ、何かからすぐ顔や体を背ける感じが

役になりきっています。

 

 

映画も良いですし、もちろん原作も最高です。

映画、小説、どちらが先でも全く問題ありません。どちらも良作!( ´艸`)

おススメです。

 

くろくまでした。

 

hulu