Better Days!

面白い本や映画・美味しいもの・週末は競馬予想も。

1985年の奇跡~ 軽快に読める青春スポーツコメディ

 

こんにちは。くろくまです。

夏の甲子園は、埼玉県代表の花咲徳栄高校が優勝しましたね。

おめでとうございます!

そして球児の皆さん、お疲れさまでした。

 

ということで今日は、高校野球を題材にした青春スポーツエンタメ小説を

ご紹介しましょう。

 

~1985年の奇跡 五十嵐貴久

1985年の奇跡 (双葉文庫)

1985年の奇跡 (双葉文庫)

 

 

あらすじ~

舞台は1985年の東京。

都立小金井公園高校野球部は、創部以来勝ち星を挙げたことのない弱小チームだ。

創設間もない学校の方針は学業優先で、狭いグラウンドでの練習を余儀なくされ、

満足な指導者もいないような状態だった。

 

部員たちも個性派ぞろいで、興味は野球よりもおニャン子クラブ

キャプテンの岡村はジャンケンで選ばれたなんちゃってキャプテンだったが、

ある日彼のクラスに転校生がやってきた。

 

沢渡俊一

 

中学時代、岡村と沢渡は中学の同級生で野球部だった。

平凡な岡村と違って沢渡はエースピッチャー。そのとびぬけた実力で、名門高校へ

推薦入学したはずだったのだが・・・。

 

とにもかくにも弱小野球部に現れた超高校級のエースピッチャー沢渡。

彼の活躍もあって、小金井公園高校は一躍快進撃を続ける。

 

順調に思えた野球部の前に、学業優先の校長との対立や、沢渡が転校せざるを

得なくなった事情など、いろいろな困難が立ちはだかる。

 

そして迎えた秋季大会予選。勝ち進めば春のセンバツ甲子園だ。

弱小野球部の1985年に起こった小さな奇跡は学校全体を動かして・・・。

 

 

 展開の妙~

 

この小説はエンタメ小説で、とっても軽く読める内容です。

野球を題材にしていますがスポ根ものではなく、1985年という時代を

切り取ったような描写で、読者を楽しませてくれます。

 

おニャン子クラブの誰が可愛いかで揉めるシーンがあったりしますが、

当時を知る僕らからすると、『懐かしーい』って笑っちゃいますよ。('ω')

 

あらすじを読むと、『弱小野球部に一人ヒーローが現れてホイホイ勝ち進む』

お決まりのパターンでしょ?って思うかもしれません。

でもこの小説は、話の展開をもう少し面白くひねってあります。

ヒーローがただのヒーローじゃなかったり、ピンチを助けてくれるのが

意外な人だったり。

 

あとそれに絡めてラストも良かったです。

ストーリーがシンプルでエンタメ性の高い小説なので、映画みたいに画が

イメージしやすいんですよね。

うん、この作品は全体の内容もラストシーンも、映画向きじゃないかな~。('ω')

 

 

休日に何をするでもない、そんな予定が空いちゃったときは、こんな本を一冊持って、

スタバあたりで2~3時間読書はいかがでしょう。

軽ーく読める本って、知っておくと意外に重宝しますよ。( ´艸`)

 

くろくまでした。