Better Days!

面白い本や映画・美味しいもの・週末は競馬予想も。

これな~んだ? ちょっと役立つプチクイズです。

 

こんにちは。くろくまです。

 

突然ですが、『これな~んだ?』

f:id:better_days:20170830003130j:plain

 

こんな感じで使います。壁にくっついてますね~。('ω')

f:id:better_days:20170830003217j:plain

 

わっかるかな~?わっかんねぇだろうなあ~。(古い・・・)

 

 

 

 

 

 正解は、壁の下地探しでした!

 

   

 『え?どゆこと?』

     f:id:better_days:20170714235423p:plain

 

わかります、わかります。何のことやらですよね。('ω')

説明しましょう。

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、部屋の壁の構造は、

柱に石膏ボードを打ち付けて、壁紙を貼るのが一般的ですね。

f:id:better_days:20170830004210j:plain

 

ということは、この石膏ボードを留めたビスや釘の位置には柱があるわけです。

 

で、先ほどのへんてこな道具ですが、中央の緑の部品が磁石入りで

グラグラした状態になってます。

 

それを壁に這わせて動かしていくと・・・、

ビスや釘の頭の上を通過するときに

 

『カチャッ』

 

って緑のところが反応するんです。

 

図で見ると、

f:id:better_days:20170830004339j:plain

 

という訳なんです!

ビスの位置は壁紙の内側で見えませんが、磁石で探しちゃうんですね。('ω')

 

『ビスの位置を探す』=『柱の位置がわかる』

 

反応したところの床から天井まで柱があるはずなので、

たとえば何かフックを取り付けたいときなど、この柱のある場所に

ビス留めすればしっかり固定できるというわけです。

 

ちなみに柱の間隔は、約45センチ間隔の場合が多いです。

 

 

ちょっとフックをつけたいな、棚をつけたいな、鏡を吊りたいな、なんて思っても

どこでも付けられるわけじゃありませんからね。

石膏ボードにビスは効きませんよ~。ちゃんと下地を探しましょう。

(柱には木と軽天〔金属〕があります。先にドリルで下穴を忘れずにね。)

 

 

よく壁にセンサーを当てて『ピピピー』なんていう機械もありますけど、

僕はこっちの方が安くて小さくてよっぽど正確だと思います。

壁にDIYできるおうちに住んでいる方は、一個持っておくと便利ですよ~。

 

商品紹介。('ω') おススメです。

  

 

ちょっと役立つ情報でしょ?( ´艸`)

くろくまでした。