Better Days!

面白い本や映画・美味しいもの・週末は競馬予想も。

あおり運転は殺人未遂だと思います~ 徹底取り締まりを望む

こんにちは。くろくまです。

 

今年6月、東名高速で起こった夫婦死亡事故を引き起こしたとされる容疑者が、

今月10日逮捕されました。

報道をそのまま受け止めるとするならば、容疑者のとった一連の行動は

到底許されるものではありません。

 

パーキングエリアの出口をふさぐような形で駐車をしていた。

        ↓

被害者に注意されて逆上。高速道路上を追いかけまわす。

        ↓

追い越し車線の前方で停車し、被害者車両も停止させる。

        ↓

後続のトラックが停止車両に気付かず追突。被害者車両の夫婦が死亡。

 

 

報道によれば、どうやら容疑は『自動車運転処罰法違反』(過失運転致死傷)

および『暴行』となっているようです。

 

危険運転致死傷』ではないのか?という疑問も当然湧くのですが、

容疑者は車を停止させており、車の運転によって死亡させたことにはならないという

理屈になるそうです。『ん?』って感じですよね。

 

 

 

今回のニュースを聞いて、おそらく車を運転する誰もが感じたであろうこと、それは

『自分にも起こりうる』ということではないでしょうか。

 

 

僕も毎日車で通勤していますが、

『あおられる』『割り込まれる』『飛び出される』『一時停止無視(優先無視)』

こんなことはしょっちゅうあります。

 

でも、そういうことをしてくる人にも2種類のパターンがあって、

①うっかり・たまたま・気付かずに・申し訳なさそうに、という人と

②悪意を持って、にらみつけてくるように、危険な運転をする人がいます。

 

①の人は、良いというわけではありませんが、おそらくその人自身も

『危なかった』という気持ちが残って、次から気を付けてくれるだろうと

期待できます。またこちら自身も、今一度気を引き締めようと意識する

きっかけにもなります。

 

問題は②の人です。けっこう頻繁にこういう人に遭遇します。

高速道路に乗れば、必ず一度や二度はあおり運転をしている車両を見かけるのが

今の交通社会の現実ではないでしょうか。

 

 

そういう危険運転をする心理が僕には全くわからないのですが、

『他人をいじめて快感を覚える』という性格が見え隠れしている気がします。

 

また、『危ないことをしている自分はカッコよく見られている』という

浅はかな考え違いも、原因となっている場合があるでしょう。

いずれにせよ、巻き込まれた側にとってはさしたる理由もなく

危険な目に遭わされるわけですから、たまったものではありません。

 

あおり運転を目にする機会は多いのですが、たいていの場合は

なぜあおっているのか意味不明です。

本気で抜かしたいというよりも、威嚇したいだけのあおり運転が多いです。

 

 

今回の事故(事件)をきっかけに、警察には、最低限『あおり運転』の摘発には

力を注いでほしいと切に願います。ドライブレコーダーでの摘発なども

検証の問題はありますが、可能な世の中ではないでしょうか。

 

事故が起こらなければあおり運転は見過ごされる、という風潮は終わりにすべきです。

飲酒運転の厳罰化でこれだけドライバーの意識は変わったわけですから、

あおり運転も見つかった時のペナルティを重くしてよいと思います。

 

 

よく『車は人を殺す凶器にもなりうる』という戒めを耳にします。

ということは、浅はかな心理で危険運転をしている人間は、本人は自覚してなくとも

殺人者一歩手前ということです。

今回の報道を見て、『でもこういう容疑者みたいなやつ、いっぱいいるよな』って

感じてしまう社会が嫌なんです。悪意のある危険運転が減ることを強く望みます。

 

 

最後に、亡くなられた被害者ご夫婦のご冥福をお祈りいたします。

また残された娘さんたちがこの先立ち直って、少しでも充実した生活に戻れるよう

心よりお祈りいたします。

くろくまでした。